Blog

Archives for March 2014

SEOツールGinzaMetricsのSEOとコンテンツマーケティングについてのBlogです。SEO対策の方法、SEOツールの活用法、SEO・コンテンツマーケティングの事例、SEO・コンテンツマーケティングの調査レポート・セミナー・最新動向などを紹介しています。

コンテンツマーケティングが重要だ!と自分自身が思っても、それだけでは会社は動きませんし予算も承認されません。 「上司がインターネットをわかっていない」「他部署が協力的でない」「会社の動きが遅い」などと愚痴ったところで、状況は何も変わりません。 インターネットをわかっていない上司に説明してコトの重要性を伝えるのも、他部署に働きかけて活動を推進させるのも、会社が妥当な判断をより迅速に下せる...

Read More

日本で、SEO業務は他のマーケティング業務と兼任で行われることが多い中、USでは「SEOディレクター/SEOマネージャー」といった、職種としてのSEOのポジションが日本に比べ、はるかに確立しています。 Googleが良質なコンテンツを評価する方向に舵を切ったこと、ロングテールキーワードからの流入を目指すことから、最近ではSEOの施策として『コンテンツSEO』と言われるトレンドが日本でも進みつ...

author/

Read More

SEO、レコメンド、サイト内検索・・・ 集客・売上アップの為に、これらの施策は既に多くの企業で実施されています。その一方で、「旧世代のまま」「改善せずに」ただ使い続けている、というケースも多く見受けられます。 本セミナーでは、Web施策にありがちな“やっているだけ”の施策から脱却し、“効果の出し方”に根差した最新施策を実践するためのポイントをお話しします。 2014年春、今だから...

author/

Read More

Googleの検索結果のSSL化に伴い、アクセス解析ツールにて、Google自然検索の検索ワード毎のトラフィックが見えなくなりました。 ウェブマーケ界隈で not provided問題と言われる件ですが、SEOやアクセス解析の識者などにより not providedへの対応が複数示されています。 リスティング広告の数値を利用する、WMT(ウェブマスターツール)の数値を利用する、過去の蓄積デ...

Read More

Googleのセキュアサーチによる”not provided”により、キーワード毎の流入数/コンバージョンが取得できなくなりつつあり、SEOの評価指標をどうしていくか悩んでいるというお声をよくお聞きします。 業界の変化に対し、評価指標をどのようにシフトしていくかについて、Ginzametricsご利用企業様でディスカッションできる場を持ちたいと思い、40名程のSEO担当者の皆様にご参加いただ...

author/

Read More

Ginzametricsは、インハウスSEO担当者向けのSEOツールです。そのためご利用企業の多くは、SEO担当者もしくはSEOを兼務で行う方がおり、程度の違いはあれど自社主導でSEO施策を進めています。 その反対にあるのが、自社内にはSEO担当者(兼務含め)はおらず、外部のSEO会社を利用するケースです。実はこのようなケースでも、Ginzametricsを利用いただく企業は増えています。 ...

Read More

インハウスSEO担当者は、大なり小なり検索キーワードをチェックすると思います。 「検索キーワードをチェックする」は、効果指標についての話題になりやすく、順位、流入数、コンバージョンが利用される場合が多いです。 直帰率やロングテール化を意識してSEO検索キーワード「数」をチェックする人がいれば、売上やコンバージョン種類別にチェックする人もいるでしょう。ノンブランドワード比率や、想定検索ボリュ...

Read More

日本ではまだ、「SEO」と「PR(広報)」をテーマにした記事は少ないですが、USではその関係性についての記事が増えつつあります。 例えば、Search Engine Watchでは、"5 Clever Ways to Leverage PR for SEO Success(SEO施策成功のため、PRのレバレッジを活用する5つの賢い方法)"として Econsultancy社では、...

author/

Read More

「売上アップに効く施策をやりたいけれど、なかなか手がつかない…」ネットショップ運営でこのような悩みを抱えていませんか? 「ランディングページのテスト・改善」が後回しになっている 「スマホ/タブレット対応」が後回しにになっている 「コンテンツマーケティング」が後回しになっている 競合他社に先んじて始めるほど大きな売上げアップが期待できる施策でも、日々の忙しい業務の中で新しい取り組みが...

author/

Read More

ウェブマーケティングの領域では、新たなトレンドや技術の多くはアメリカで生まれ、日本は2〜3年アメリカに遅れを取っていると言われます。 ご多分に漏れずコンテンツマーケティングもその傾向にあります。 日米のBtoC企業のコンテンツマーケティング調査の比較を通じて、コンテンツマーケティングへの意識やまた実際の取り組みの違いについて説明します。(用いた調査結果はブログ末尾に記載) BtoC企業の...

Read More

Ginzamarketsでは、コンテンツマーケティングの現在と今後について考えるカンファレンス、『Found Conference in Tokyo』 を、2014年1月22日(水)に開催いたしました。 https://www.demandsphere.jp/blog/seminar-0122 第3部では、「本業とシナジーを持つメディアを運営する」をテーマに設定しました。 コンテンツ...

author/

Read More

Ginzamarketsでは、コンテンツマーケティングの現在と今後について考えるカンファレンス、『Found Conference in Tokyo』 を、2014年1月22日(水)に開催いたしました。 https://www.demandsphere.jp/blog/seminar-0122 第2部は「コンテンツマーケティングの概念を社内浸透させ、活動を開始すること」をテーマに設定いたし...

author/

Read More

Ginzamarketsでは、コンテンツマーケティングの現在と今後について考えるカンファレンス、『Found Conference in Tokyo』 を、2014年1月22日(水)に開催いたしました。 https://www.demandsphere.jp/blog/seminar-0122 第1部では「コンテンツを活用するマーケティング活動を実践すること」をテーマに、“コンテンツマーケ...

author/

Read More

Ginzamarketsでは、コンテンツマーケティングの現在と今後について考えるカンファレンス、『Found Conference in Tokyo』 を、2014年1月22日(水)に開催いたしました。 https://www.demandsphere.jp/blog/seminar-0122 FOUND Conferenceの"FOUND"は、"Findability"を語源にし...

author/

Read More

自然検索に関するデータは色々とあります。キーワードの順位からトラフィック、外部リンク系の指標から検索ボリューム。 そのようなSEOに関するデータの中で、気にする人と気にしない人がはっきり分かれるのが『自社ー競合のキーワード順位比較』です。 自社ー競合のSEOキーワード順位比較を気にする気にしないは、個人差や会社による違いもありますが、私の目に顕著に映るのは、立場による違い。 立場によ...

Read More

コンテンツマーケティング・SEOのイベント、ノウハウ情報を
定期的にお届け

コンテンツマーケティング・SEOのイベント、ノウハウ情報

最近の投稿