DemandSphere が実施した2023年の改良

DemandSphere が実施した2023年の改良

2023年は SEO業界において記憶に残る年となりました。特に、AI技術が当社の業界で大きな注目を集めた点が挙げられます。AI がインターネットに与えた影響は既に顕著で、今後数年間でさらにその影響は拡大することが予想されます。

当社はこの変化を追い風として、お客様の業務がさらに効率的で今までにないレベルに到達できるよう新製品を準備しています。もちろん、AI による Google の変化も見逃せません。Googleのアルゴリズムの更新、ランキングシステムの変化、SGE などの新機能、SERPレイアウトの多様な変更は検索マーケティングに多大な影響をもたらすでしょう。

お客様やパートナーの間で共通認識となっているのは、これらの変化の速度が今後の新常識となるだろうということです。私たちのデータは、SERPレイアウトの変更や視覚的ランキングの変動を日々追跡しており、これらの変化が確実に反映されています。

このような変化に対応し、私たちは2023年に多くの革新的な取り組みを行いました。これらは、私たちのロードマップの指針に沿ったものです。私の率いるチームは、これまで経験したどのチームよりも熱心に働き、常に期待を上回る成果を出しています。私たちがお客様に提供した主な成果をご紹介します。

インフラの大幅な刷新

昨年の最大のプロジェクトのひとつは、インフラをさらにアップグレードすることでした。目標は、市場で最大のスケーラビリティと最高のコスト・パフォーマンスを達成することです。当社のお客様は、他では実現不可能な価格帯で、大量のSERPデータを驚異的な精度で管理することができます。

なぜこのようなことが実現できたかというと、10年以上前にインフラの中核をクラウドから撤退するという決断をしたためです。かつて私たちはAWSを利用していましたが、データ量が増えるにつれ、そのプラットフォームが私たちの利益を圧迫するようになりました。そこで当社はベアメタルサーバーに移行し、Kubernetesと自動化とオーケストレーションのための優れたツールを活用しながら、独自のプライベートクラウドとネットワークを構築しました。

私たちは、クラウドからの撤退/本国への送還のトレンドは今後も続く考えており、このトレンドを念頭に置いて製品を管理し、スケールさせる方法について、お客様に頻繁にアドバイスしています。今後、AIやデータ製品の普及に伴い、クラウドとの向き合い方はマーケターにとっても課題になるのではないでしょうか。

GoogleクラウドとBigQuery

クラウドといえば、私たちがとても気に入っているクラウド・プロバイダーのひとつが Google Cloud Platform です。特に BigQuery はゲームチェンジャーです。当社の SERP Intelligence データウェアハウス製品は、BigQueryをベースにしており、スキーマ、自動化、拡張機能の革新を続けています。

SERP Intelligence は、SERP上のあらゆる要素をインデックス化し、BigQuery を利用したデータウェアハウスで利用できるようにします。2023年、SERP Intelligence の利用顧客は急激に増え、これまでに提供した機能の中でも最も強力なものの1つになりました。私たちのマネージドサービスチームは、各社ごとに異なるデータ利用ガイドラインを理解し、最適な提案と技術的サポートが可能です。

Google Analytics 4 への対応

GA4 を実際に気に入っている人とはまだ一人もお話できていませんが、夏の間に新しいGA4 APIに対応しました。過去のUAデータとのシームレスな統合を実現できたので、顧客はこのアップグレードのメリットを享受することができました。GA4へのアップグレード以前から、DemandMetrics ではコンテンツパフォーマンスの包括的なビューをすでに何年も前から持っていました。

この機能により、お客様はランキングデータ、GSCデータ、Googleアナリティクスデータを組み合わせて調査・分析することができます。さらに、コンテンツグループ機能では、使いやすいマッチングルールでURLをグルーピングすることができ、基礎データに悪影響を与えることなく適用/変更することができます。

Google の APIクエリエクスプローラーも GA4 をサポートしていますので、開発者や好奇心旺盛な方は、これを使用してビューのプロトタイプを素早く作成し、データがレポートと一致していることを確認することができます。

ユニファイドビジビリティ

上記のアップグレードに加え、ユニファイドビジビリティ機能をリリースしました。

ユニファイドビジビリティは、Google Search Console からすべてのコアデータをインポートする機能を活用しており、UI の制限をはるかに超えてGSCデータを DemandMetrics に統合することができます。Google は、GSC のBigQuery への一括エクスポート機能を提供していますが、残念ながら、過去データのインポートはサポートしていません。データの重要性を熟知している DemandMetrics のユーザー様はすぐにGSCとの連携を開始し、この機能のメリットを享受することができました。

ユニファイドビジビリティは、これをさらに一歩進めます。GSC は重要な指標(順位と表示回数)を提供しているものの、Googleの見解に依存した指標です。マーケティングをある程度長くやっている人なら誰でも、プラットフォーマーのデータのみに頼るべきでないことをご存知でしょう。

これが、今も順位計測ソフトが必要とされている理由ですが、SERPの性質が変化しているため、従来の順位追跡ももう通用しません。SERPの特徴がCTRに与える影響を理解していなければ、何も見えていないのと同じです。

ユニファイド・ビジビリティは、その名の通り、これらすべてのコアな指標を単一のビューに統合します。これは待望の機能であり、2023年にリリースできたことに感激しています。

差分検出機能

昨年、新しいコンテンツギャップ機能をリリースしました。自社と競合のギャップを明らかにする機能です。今年はさらに改良を加え、特に、SERP Rewind と連携させ、SERP がこの競合指標に与える正確な影響を簡単に確認できるようにしました。2024年には、この機能をビジビリティギャップに改名し、さらにパワーアップさせる予定です。

SERPリワインドの改良

SERP Rewindは、ご存じない方のために説明すると、取得したSERPのコピーを保持します。

当社はオリジナルのHTML、解析されたJSON、そして解析されたSERPデータの非常に詳細ビューを保持しています。さらに、広告、オーガニック検索結果、SERP機能などに分けられた様々な機能を持つSERPをGoogleがどのように構築したかを示すビジュアルオーバーレイ付きのSERPのスクリーンショットをサポートするAPIも用意しています。

SERPリワインドには比較機能があり、日付、検索エンジン、デバイスを超えて、過去の記録から任意の2つのSERPを見比べることができます。SERPデータはダウンロード、エクスポートが可能で、もちろん当社のSERP Intelligenceデータウェアハウスでその詳細をすべてご利用いただけます。

トップ20レポート

トップ20レポートはSERPのフィーチャーを含むSERPの上位20位(最も関連性が高い)を表示します。これにより、お客様はSERPの完全な構造を理解することで、私たちが常に説いていることについて非常に詳細な見解を得ることができます。

これがトップ20フィーチャーセットの機能です。しかし、これに満足することなく、私たちは現在、このデータをSERPでより深いレベル(20より深いレベル)に拡大し、さらにこのデータセットをUIでクエリし、ナビゲートしやすくすることに取り組んでいます。この新しい機能セットは、完全に更新されたスキーマに基づいており、これだけでなく、2024年にゲームチェンジャーになると信じているいくつかの追加機能をサポートします。

ビジュアルSoV

視覚的な Share of Voice、すなわち画面上の占有率を算出する指標を開発しています。ビジュアルSoVは、オーガニックランキングのみに焦点を当てた従来のShare of Voiceの指標を超えるものです。これは、ユーザーがSERP上で目にする視覚的なインパクトに基づいたSoVモデルを構築し、あらゆるSERPフィーチャーを考慮します。

過去2年間にリリースした多くの機能と同様に、このビューを持っていなければ、現在の検索マーケティングにおいて全体像を把握することはできないでしょう。

SERPフィーチャーエクスプローラー

インフラの改善によって可能になったもう一つの新機能は、SERPフィーチャーエクスプローラーです。

もちろん、SERPに関するの指標は何年も前から私たちのプラットフォームにありましたが、私たちはさらに深く追求したいと考えていました。SERP Feature Explorer(略してSFE)は、利用可能なすべてのSERP フィーチャー内の顧客と競合のURLの存在を調べます。

これは、DemandMetricsのキーワードインサイトの主要部分だけでなく、カスタムダッシュボードやレポート機能でも利用可能です。

また、フェッチプロセスの一部としてライブSERPレンダリングを追加しており、2024年にはこれを必要とするお客様のためにPAAの回答(およびその他)を含める予定です。

これは新しい機能であるため、フィードバックを収集する間、まだすべてのお客様には提供しておりませんが、ご要望があれば、すべてのお客様にご利用いただけます。

SGE対応

2023年に最も多かった質問のひとつが、”SGEをどう扱うか?”でした。業界関係者の多くがご存知のように、SGEはまだ一般公開されていません。Search Labsでアクセスを有効にする必要があります。つまり、私たちのようなデータベンダーが日々のレポートに含めることはまだ容易ではないのです。

しかし、私たちの顧客がSGEの結果に基づいたデータセットをリクエストできるように、このデータのためのリサーチを実施しました。以下はセミナーなどで何度か紹介した我々の調査結果です。

前述したライブSERPレンダリングは、このために必要でした。今後もGoogleが新機能を発表するたびに、当社はすぐにそのデータを収集できるでしょう。

データエクスプローラーの改善

データエクスプローラーは、一般的なメトリクスのほとんどをカスタマイズして表示し、比較やスライス、ダイスなどを簡単に行うことができるため、当社のレポートおよびダッシュボードスイートで人気のあるウィジェットです。昨年の改善の一環として、データエクスプローラーに以下の指標を追加しました:

  • Visual rank
  • Average pixel depth
  • Average position (GSC)
  • Impressions (GSC)
  • Clicks (GSC)
  • CTR (GSC)

ProseVector

ProsseVectorは今年リリースしたばかりの新製品です。1年前には、私たちはこの製品を作ることになることさえ知りませんでした。しかし、GPT LLMと関連APIの登場とリリースによって、私たちは顧客が経験していた長年の問題を解決する機会を得たのです。

プログラマティックやeコマースの顧客は、大規模にコンテンツを作成または最適化する必要があるという問題を抱えています。数万から数十万のURLで文章をメンテナンスするのは大変な労力がかかります。従来のコンテンツ作成予算では、このような事態をうまくサポートできませんでした。

ProsseVectorは、まさにこのようなコンテンツの作成と最適化を、お客様にとって非常にリーズナブルな予算で可能にします。カスタムメイドのナレッジグラフとプロンプトエンジニアリングの専門知識を組み合わせて、正しい情報で作成されたテキストを提供します。昨今問題となっている悪質なAIコンテンツについては我々も反対ですが、人間がやらなくてもいい無駄な仕事は効率化することをおすすめします。

v5 アップデート

v5は、DemandMetricsプラットフォームの次のバージョンです。一部のお客様には「v5」と呼ばれ、楽しみにお待ちいただいております。バージョンアップにあたっては基礎となるアーキテクチャを大幅に更新し、フレームワークをモダンにします。社内のSSOソリューションをうまく活用して、お客様がv4とv5のビューを簡単に切り替えられるように構築しています。

v5アーキテクチャに搭載される次の機能は、新しく再構築されたキーワードリサーチとディスカバリー機能、そして更新されたSERPリワインドです。本番になり次第、すぐに発表いたしますのでご安心ください。すでに内部テスト中です。

Python Data Apps

ずっとサポートしたいと思っていた機能のひとつがついに実現しました。Pythonは、データサイエンスとデータエンジニアリングの世界では事実上の標準言語といってもいいでしょう。当然、SEOの世界でも注目され、Pythonや関連技術のエンジニアやテクニカルSEOチームの間でよく活用されています。

社内では、弊社のマネージドサービスチームがレポート、データ分析、カスタム機能にPythonを多用しています。 advertools、 Dash、 Streamlitなどのディープラーニングライブラリを使い、ソリューションに組み込んでいます。これは素晴らしいことですが、この作業が私たちのプラットフォームの他の機能とうまく統合されていないことにいつも悩まされていました。

そこで私たちは新しいPythonライブラリを構築しました。このライブラリは、一般には公開されておらず、現在は社内チームが使用していますが、将来的にはお客様にもご利用いただけるようにする予定です。

これにより、開発者は、Flaskまたは他のウェブフレームワークでカスタムPythonアプリを構築し、SSOのために DemandMetrics で認証することができます。私たちは、このツールキットで構築する予定の新しいツールの全範囲を持っています。というのも、新しいプラットフォーム機能のプロトタイプを作成して立ち上げ、お客様からのフィードバックに基づいてより迅速に反復し、クリティカルパス、中核となる製品ロードマップを妨げることなく、実際に立ち上げることができるからです。

DemandSphere のコアバリューの1つは、スピードであり、この機能は、お客様への付加的な利益の提供を常に加速させたいという我々の願望に直接対応しています。

高速クラスタリング

上述のPythonアプリ機能を活用した一例として、キーワード・クラスタリング機能があります。私たちはこのプロセスを数回も繰り返し、非常に興味深いプロジェクトになりました。キーワード・クラスタリングには様々な戦略がある。最も一般的なのは、キーワードの意味を見て意味的にグループ化するセマンティック(またはトピカル)と、SERP分析に基づいてキーワードをクラスタリングし、類似または重複するキーワードを見つけるURLベースのクラスタリングの2つです。

クラスタリングにおける課題は、お客様が管理するキーワードやURLの量が非常に多く、すぐにビッグデータの問題になってしまうことです。そこで我々は数百万行を数分でクラスタリングできるまでにプロセスを最適化しました。これにより、インサイト抽出までの時間が大幅に短縮されます。この機能は、現在マネージド・サービスで顧客にカスタム・データ・フィードを提供するために使用していますが、2024年にはコア・プラットフォームにバンドルされる予定です。

総括

新年を迎えるにあたり、来年は業界にさらなる変化がもたらされ、我々のチームからさらなる素晴らしい革新がもたらされることをお約束いたします。

今年一年、私たちの世界にお付き合いいただいたすべての方々に感謝するとともに、読者の皆様にとって幸多き、そして安全な新年となりますようお祈り申し上げます。2024年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。