Blog

Google、3月12日にコアアルゴリズムのアップデートを開始、他2選:Demand SEOウィークリートレンド 2019/03/15

March 15,2019| By:


大規模向けコンテンツマーケティング&SEOツールを提供するDemandMetricsが、日本と、海外とくにUSを中心として、コンテンツマーケティングやSEO情報、関係するプラットフォームのアップデート情報を毎週ご紹介するコーナー「Demandウィークリートレンド」。今週は、Googleから3選です。

  1. Google、3月12日にコアアルゴリズムのアップデートを開始
  2. Google、スニペットに適切な日付を表示するための方法を解説
  3. Google、4月に沖縄と福岡で検索のイベントを開催

1.Google、3月12日にコアアルゴリズムのアップデートを開始

公開日
Mar 6, 2019 9:12 am
発信元
Search Engine Roundtable:Google Search Ranking Algorithm Update On March 12 & 13th

概要

Googleは、米国時間3月12日にコアアルゴリズムのアップデートを開始したことを、公式Twitterで公表しました。グローバルでの実施となり、日本のGoogle検索にも影響します。


Google検索SearchLiaisonによるツイート
https://twitter.com/searchliaison/status/1105842166788587520

Search Engine Roundtableの記事では、Mozcast、SERP Metrics、Algoroo、Advanced Web Rankings、RankRanger、Cognitive SEO、SEMRush、SERPwooのチャートを紹介しています。


Mozcastのチャート


SERP Metricsのチャート


Algorooのチャート


Advanced Web Rankingsのチャート


RankRangerのチャート


Cognitive SEOのチャート


SEMRushのチャート


SERPwooのチャート

Search Engine Roundtableの別記事にて3月5日にもGoogle検索順位の変動がレポートされていました。
参照:March 5th Google Search Ranking Algorithm Update?

コアアルゴリズムのアップデート後は数週間調整が続く場合もあるため、しばらく注意深くモニタリングをした方が良さそうです。

2.Google、スニペットに適切な日付を表示するための方法を解説

公開日
Mar 1, 2019
発信元
Google Webmaster Central Blog:Help Google Search know the best date for your web page日本語版

概要

Googleは公式ブログで、スニペットに適切な日付を表示するための方法について解説する記事を公開しました。
Googleは、ニュースなど日付や時間が重要なページに対し、スニペットで下記のように日付を表示しています。

検索結果スニペットに日付を表示

Googleのシステムでは、複数の要素から、ページが公開された時点や大幅に更新された時点の最も正確と考えられる日付を推定しているとのことで、下記の項目を留意してほしいとのことです。

  • ページ上で明確な日付を目立つように表示する
  • datePublished、dateModifiedスキーマの構造化データを使用する
  • AMPまたは非AMPページの正しいタイムゾーン指定子を指定する
  • ページを大幅に更新する場合は、表示される日付も更新する(時刻を表示している場合は、時刻も更新)
  • 必要に応じて、ページの公開日と更新日を表示することも可能
  • 正しいタイムゾーンを使用する
  • 構造化データとページの表示部分とで正確に同じ日付(と時刻)を使用する
  • 将来の日付やページの内容に関連する日付を使用しない、ページ自体が公開または更新された時点の日付を使用する
  • 構造化データのガイドラインに準拠する
  • ページ上の他の日付を最小限に抑える

また、過去に公開した記事をわずかに更新しただけの記事を作成し、古い方の記事を削除して、新しい記事にリダイレクトすることは、記事のURLに関するガイドラインに違反すると警告していますので、あわせてご確認いただければと思います。
参照:記事のURLガイドライン

3.Google、4月に沖縄と福岡で検索のイベントを開催

公開日
March 7, 2019
発信元
Google ウェブマスター向け公式ブログ:Google 検索のイベントを沖縄と福岡で開催します

概要

Googleは、これまでに東京、大阪で開催した検索のイベントを、4月に沖縄と福岡で開催することを公式ブログで発表しました。検索の仕組み、Google画像検索、Search ConsoleについてのセッションやQ&A、Google社員と参加者との交流タイムなどを予定しているとのことです。開催概要は下記となります。

沖縄会場

  • 日時:2019年4月9日(火)13:00-20:30
  • スピーカー:Gary Illyes、Idan Avraham、Anna Ogawa(小川安奈)、Takeaki Kanaya(金谷武明)
  • 場所:沖縄青年会館
  • 費用:無料
  • 定員:120 名(招待枠含む)

福岡会場

  • 日時:2019年4月12日(金)13:00-20:30
  • スピーカー:Gary Illyes、Anna Ogawa(小川安奈)、Takeaki Kanaya(金谷武明)
  • 場所:ACU Hakata
  • 費用:無料
  • 定員:120 名(招待枠含む)

申込みフォームはこちらとなります。(締め切り:2019年3月17日(日) 深夜24時まで)
https://services.google.com/fb/forms/googlesearchjapan01/
ご興味ある方は、お申し込みされてはいかがでしょうか。

Pick UP:今週のテーマと合わせて読みたいブログ記事

Demandウィークリートレンド バックナンバー

Demandウィークリートレンドの過去記事一覧はこちら

Coming Soon Calendar

SEO担当が覚えておいたほうが良い、直近の予定を記載していきます。

2018.3月9日前後
Googleのコアアルゴリズムアップデート
2018.3月中旬
BingがJSON-LDフォーマットに対応開始
2018.3月26日
Google、MFI対象サイトを拡大
2018.3月28日前後
Googleのアルゴリズムアップデートか?
2018.7月
Google Chrome、セキュアでない全ページで"保護されていません"を表示開始
2018.7月
Google、ページスピードをモバイル検索ランキングに加味する
7月最終週にGoogleのコアアルゴリズムアップデート
2018.9月
Chrome69からHTTPSページの保護された通信ラベルを廃止
2019.4月
Search Consoleの検索パフォーマンスデータ、正規URLに統合へ

Demandウィークリートレンドは、毎週金曜日の正午更新。
公開したらFacebookおよびTwitterで発表しています、気になる方はぜひフォローください。





SEOツールDemandMetricsの無料トライアル

DemandMetricsはSEOの改善を支援するSEOツールです。14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。
SEOツールDemandMetrics無料トライアル


            
hatenabookmark
記事一覧
Chika Noguchi
Chika Noguchi

コンテンツマーケティング・SEOのイベント、ノウハウ情報を
定期的にお届け

コンテンツマーケティング・SEOのイベント、ノウハウ情報

最近の投稿

Mial
               

無料デモアカウントのお申し込み
お問い合わせは、こちらから