2018年1月23日(火)に GinzaMetrics SEO Driven Conference Tokyo 2018を開催いたしました。1月23日にSEO Driven Conference Tokyo 2018を開催いたしました。前日は記録的な大雪でしたが、当日は、快晴で天気にも恵まれ無事開催することができました。インハウスSEO担当の方を中心に、約170名もの方にご参加いただきました。

オープニングトークでカントリーマネージャーの黒瀬より、SEO Driven Conferenceの位置付けについてお話させていただきました。2016年以降、常時、順位が大きく変動する中、SEOを成功させるためには、ビジネスにSEOを組み込んでいく必要があり、その事例共有の場としてSEO Driven Conferenceを行っている旨をお伝えしました。

テクニックを使ったSEOからユーザーに向き合うメディアへの転換


第1部ではスタートアップのSEOということで株式会社viviane渡部様に、テクニックを使ったSEOからユーザーに向き合うメディアへの転換を進めていることについてお話頂きました。

Farfetchが実践する斬新かつ本質的なSEO


第2部ではFarfetch室屋様に顧客の動向や自社の強みにフォーカスしたインハウスSEOの取り組みについてお話頂きました。洋服が好きな顧客をターゲットとするFarfetch社ならではの斬新かつ本質的ななSEOの取り組み方を紹介頂きました。

SEOはウェブサイトの最適化から組織の最適化へ

第3部では、リクルート住まいカンパニーの横関様にSUUMOのような非常に大きく、SEOも強いサイトを運営するためにSEOのチームをどのように運営しているかについてお話し頂きました。SEO担当の業務が広くなる中、どのように採用、育成、情報共有しているかなどについて紹介いただきました。

パネルディスカッション

第4部のパネルディスカッションでは、事前にオーディエンスの方から集めたご質問に対して、登壇者の方に回答していただく形で進めました。MFI、施策の進め方、調査の仕方、更にはGinzaMetricsについてまで、幅広いご質問に回答頂きました。

今回のイベントでは、三者三様のSEOの取り組み方について紹介いただきましたが、自社に似た会社のお話、違う会社のお話、それぞれから吸収していただけることがあったのではと思います。

引き続き、イベントも積極的に行っていきたいと思います。

GinzaMetricsでは、SEO・コンテンツマーケティングのイベントを定期的に開催しています。