Blog

SEO対策の方法やツールの活用法、事例や調査レポートを紹介します!

ベストなSEOプラットフォームの選択方法

2020.04.21 |

あなたのビジネスに最適なSEOプラットフォーム、サービスプロバイダ、またはその両方を選択することは、時間のかかる作業になります。プロバイダのオプションを選んだり、デモを見たり、営業を受けたりするのは、誰にとっても楽しい時間ではありません。正しいSEOとコンテンツマーケティングプラットフォームの選択についての別の記事では、プロセスの5つのステップについて説明しています。

5つのステップの簡単な概要(ただし、詳細は記事をチェックしてください)。

 

ここでは、SEOプラットフォームやソリューションプロバイダーの実際の機能や機能を確認して、必要なものをチェックしていきましょう。

 

SEOプラットフォームの検討の最初のステップ:何がどのくらい必要なのか

ここでは、SEOやコンテンツマーケティングソリューションを始める前に検討すべきリストを紹介します。

 

キーワードモニタリング

キーワードについて話しているときには、ランクトラッキングとモニタリングの2つの選択肢があります。一般的に、これらの用語は互換性を持って使われていますが、同じものではありません。ランクトラッキングは、SERPs(検索エンジンの結果ページ)の中でのキーワードの順位をチェックするものであり、モニタリングは、インサイト、アクション、レポーティングを促進するために意図的に行われます。キーワードモニタリングには、ユニバーサル検索機能、モバイルとデスクトップのインサイト、競合他社との順位比較など、以下に列挙するいくつかの要素が含まれている必要があります。独立したランクトラッキングツールをお探しの場合は、いくつかのツールがありますが、通常は機能セットの観点からあまりおすすめできません。

 

どのくらいのキーワードで「十分」なのか?

というのはよくある質問です。キーワード戦略に手抜きをしなければならないように感じさせるプラットフォームを使用している場合は、それはおそらく正しいプラットフォームではありません。プラットフォームやツールの選択に関わらず、コストをかけずに無制限のキーワードを提供してくれるところはありませんので、キーワードトラッキングのニーズをある程度頭に入れておくか、それを見つけるための戦略を話し合う準備をしておきましょう。

ご質問がある場合は、キーワード戦略に関する記事をいくつかご覧ください。※英文

・What is a good keyword strategy and how does it impact the marketing ecosystem

・Building a keyword strategy that wins for marketers

・Are you tracking enough keywords? How much is “enough” for SEO anyway?

・Choosing the right keywords for your SEO and marketing strategy

 

キーワードモニタリング(またはランクトラッキング)の頻度については、以下の機能説明の中で触れていますが、ここでも言及します。これは、"クレジット "に基づいており、ランキングデータを取得するたびに課金されるツールを使用している場合に起こります。標準的なキーワードモニタリングの量は、数百から数十万までの範囲であり、その間の何かにフィットする戦略です。異なる場所や言語にまたがって組織を追跡し、個々のサイトとして設定することもでき、提供するサービスによって異なるフォルダやサブドメインを追跡することを選択することもできます。

 

ページ/クロールされたURL

分析しているサイトの規模はどのくらいですか。オフサイトのコンテンツURLも追跡したいですか。競合サイトをクロールしたいですか。クローリングの観点から何が必要なのか、また、組織にとってどのような予算が必要なのかを検討する際には、これらを考える必要があります。

 

デスクトップとモバイル

あなたは、デスクトップとモバイルデバイスのために別々にランキングを追跡する必要がありますか。あなたは、すべてのキーワードまたは特定のものだけのためにその追跡が必要ですか。多くのプラットフォームでは、モバイルとデスクトップの両方のランキングを追跡するための料金が発生しませんが、中には発生するものもあります。モバイルを検討する際には、ロケーションのニーズも考慮すべきです。 多くの場合、地域や国際的なユーザーを持つサイトでは、ローカル+モバイルのペアを検討する必要があります。

また、ビジネスに最も関連性の高いデータを取得するために、iPhoneやAndroidデバイスなど、個々のデバイスタイプを検討するのも良いでしょう。そのようなレベルのデータが必要な場合、または必要だと思われる場合は、SEOソリューションでの利用可能性だけでなく、費用についてもお問い合わせください。(DemandSphereでは、デバイスレベルまたは複数の検索エンジンのトラッキングに追加料金を請求することはありません)

 

ロケーション

ニーズに応じて、都市、郵便番号、地域、国レベルのロケーションを設定することができます。コンテンツマーケティングとSEOプラットフォームに求めているものは、あなたが選択したローカル検索の粒度でのオーディエンス分析とインサイトに関する組織のニーズを満たす必要があります。

以下で再度言及するように、ロケーションと検索エンジンのペアを考慮してください。米国ではGoogleを追跡し、ロシアではYandex、韓国ではNaverを追跡したいと思うかもしれません。

 

検索エンジン

Google以外の検索エンジンを使用することは、多くの人にとって必要ないことかもしれません。しかし、すべての国のGoogleや他の検索エンジンのインスタンスを追跡する必要がある場合、それは大きな課題となります。Yahoo! や Bing、Baidu、Qihoo360、Yandex、Naver、その他の検索エンジンなど、必要に応じて検索エンジンを探してみましょう。

 

ユーザー

社内に複数ユーザーがおり、ユーザー数が価格設定の要因となる場合は、必要なユーザー数を決定する必要があるか、または支払う意思があるかどうかを判断する必要があります。DemandSphere は無制限のユーザーを提供していますが、他のツールも同様ですので、誰でもログインできると仮定したり、ユーザー数が制限されると仮定する前に確認してください。

 

監視している競合他社

あなたのコンテンツが競合他社と並んでどのようにランキングされているかを見たいと思いますか。検討しているコンテンツやSEOプラットフォームで、どれだけの競合他社を追跡できるか、また、追加する場合のコストはいくらかを確認してください。

 

レポートとエクスポート

多くのプラットフォームが無制限のレポートに移行しているため、これらはしばしば見落とされています。しかし、すべてのコンテンツマーケティングやSEOツールは、無制限のレポートにアクセスしたり、独自のレポートを作成することを許可しているわけではありません。安いツールを見つけたとしても、必要な情報をエクスポートするために追加料金を支払うことになるかもしれません。

 

アカウント管理時間とトレーニング

どのくらいの規模のプラットフォームで、どのくらいの機能を持つツールを選択するかによって、サポートのレベルは変わってきます。また、どの程度のサポートが必要になるかは、ツールを使用する人の数や、コンテンツマーケティングやSEOプラットフォームの経験も重要な要素となります。

プロバイダーによっては、ビデオや記事などのナレッジベースを利用したオンボーディングプログラムを提供してくれるところもあれば、アカウントマネージャーがあなたの組織に合わせたオンボーディングプログラムを提供してくれるところもあります。何が含まれていて、何が追加料金になるのかを確認し、含まれているものよりも多くの費用が必要になるかもしれないと思う場合は、それがいくらかかるのかを確認してください。

また、新しいチームメンバーが加わったときに何が起こるのか、誰が教育するのか、何を期待しているのかなどについても質問してみましょう。

 

コンテンツマーケティングやSEO対策に必要な機能

モニタリングの基本以外に、SEOプラットフォームやサービスを検索する際に考慮すべき他の機能にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

普遍的な検索要素

おそらく、デスクトップとモバイルで検索エンジンの結果ページをごちゃごちゃにしているものをすべて追跡するのは良いアイデアだと思います。特にGoogleは、アナリティクスプラットフォームの更新するよりも早く変更してしまうからです。

 

キーワードの機会

上位に移動する機会のある優先順位の高いキーワードのリストを取得することは、あなたがプラットフォームに求めている機能かもしれません。これは、新たに作成すべきコンテンツ、既存のコンテンツへの最適化、その他のマーケティングの取り組みを指示するのに役立ちます。このようなインサイトを必要としているか、利用しているかどうかを考えてみましょう。

 

リスクのあるキーワード

キーワードの機会を見るのと同じように、ターゲットキーワードがリスクを抱えていたり、上位に落ちているタイミングを知ることで、深刻なトラフィック問題を引き起こす前に手を打つことができます。

 

サイトの健全性

SEOプラットフォームでサイトの健全性を監視したいと思っていますか。もしそうなら、どのような種類の問題を発見しているのか、ツールがどのくらいの頻度で問題を探しているのかを聞いてみるといいでしょう。また、問題がどのような形式で配信されているのか、進捗状況や定期的な問題を追跡するのかどうかも聞いておくべきでしょう。

 

監査

サイトの健全性と同様に、監査オプションもあります。ツールによっては、チームが定期的にサイトの詳細な監査を提供してくれるものもあれば、自社サイトや競合他社のクロールをより広範囲に行うものもあります。サイト監査の実施を検討している場合は、選択したプラットフォームが監査を代行するサービスを提供しているかどうかを確認してください。

 

コンテンツとSEOのススメ

これは、サイトの健全性と監査オプションに関連していますが、ツールによっては問題があることを示してくれる場合もありますが、問題を解決する方法を積極的に推奨してくれない場合もあります。プラットフォームがどのような種類の問題解決の提示を行うことができるかを確認してください。 技術的なクローラビリティの推奨なのか、メタディスクリプションのようなコンテンツの更新、画像の最適化などが含まれているのかチェックしましょう。

 

ホワイトラベリング

ダッシュボードやレポートなどをクライアント向けにホワイトラベル化する必要がありますか。可能かどうか、より多くの費用がかかるかどうかを確認してください。弊社では、無料のホワイトラベル化とワンタイムURLセットアップ料金を提供していますが、これは業界ではあ当たり前のことではありません。多くのクライアントを抱えており、ホワイトラベルを作成する必要がある場合は、新しいクライアントを追加することがどのくらい簡単になるかを確認しましょう。

 

カスタムダッシュボード

ホワイトラベリングと同様に、SEOやコンテンツマーケティングのプラットフォームをカスタマイズできるかどうかは、それがチームの目標にどれだけうまく統合されるかに重要です。モジュールを移動させたり、フィルタを作成したり、新しいデータセットの統合を依頼したりすることができるかどうかを確認してみましょう。

また、チーム、目標やKPI、レポート、個々のユーザーの役割、場所などに基づいたダッシュボードの作成も検討することをお勧めします。これらはすべて、必要なインサイトに素早くアクセスするのに役立ちます。

 

キュレーションされたレポート

レポートは、どのようなプラットフォームでも最大の要素の一つです。レポートは、プラットフォーム内でアクセスするだけでなく、他のデータツールやプレゼンテーションなどにも利用したいと思うでしょう。エクスポートオプションや、検討しているプラットフォーム内でのカスタマイズ可能なレポートについてもお問い合わせください。

コンテンツとSEOのプラットフォームの中には、あらかじめ作成されたレポートテンプレートが含まれていて、それを少しだけ変更することができるものもあります。また、独自のビューを作成するための白紙の状態を提供しているもの、レポートを作成するサービスを提供しているところもあります。

 

競合他社の発見

新興ブランド、新しいコンテンツ、インフルエンサー、製品ターゲットの変更、その他トラフィックに影響を与えるものについてはどうでしょうか。競合の発見という側面を含むプラットフォームを利用することで、新しいコンテンツ、新しい製品やサービス、オーディエンスが関連性を見出しているその他のコンテンツに先んじてアクセスすることができます。

また、競合他社発見ツールが、発見された競合他社を、提供する製品やサービス、特定のメッセージング戦略、ターゲットキーワード、およびあなたのビジネスに関連するその他の要素でフィルタリングしているかどうかを確認するのも良いでしょう。

 

キーワード調査と発見

キーワード戦略は、スマートマーケティングやSEO戦略の中でも、常に進化し続けています。1年前にあなたのオーディエンスにとって最も重要だったキーワードは、今では異っているこもしれません。もしあなたのチームがアイデアを探している場合、市場内でのより良い最適化を探している場合、あるいは競争の激しい市場やニッチな市場のための非常に特定のセグメンテーションを探している場合、キーワード調査・発見機能はSEOツールセットの重要な部分となります。

 

統合とAPIアクセス

データを標準化して単一の場所に集約したい場合は、選択したプラットフォームが既存のアナリティクスツール、マーケティングチャネルとどのように統合するか、またはAPIアクセスを許可するかを知ることが重要です。

 

ワークフローとタスク管理

ほとんどのサイトでは、多くのページがあり、それぞれに複数の最適化やオプションがあります。また、技術レベルやテンプレートレベルの更新では、編集上の変更ではなく、チームをまたいで作業することもよくあります。ワークフローとタスク管理機能を備えたプラットフォームを選択すれば、チームや組織はより速く、より効率的に作業を進めることができます。

ワークフローの項目には、アルゴリズムの変更やチームがコンテンツに加えた変更を追跡するために、プラットフォームにメモや注釈を追加することも含まれます。

 

リソースとオンボーディング

あなたが探しているツールは、コンテンツマーケティング、SEO、デジタル戦略、その他の関連トピックに関する継続的なリソースを提供していますか。提供されている場合、それらのリソースは自由に利用できるのか、それともサブスクリプションサービスの一部なのか確認しましょう。

また、新しいチームメンバーを追加した場合、彼らにオンボーディングが提供されるかどうかも重要です。ツールの複雑さを考慮して必要なのか、それとも彼らがアクセスできるチュートリアルはあるのか。オンボーディングや援助が必要かどうかを検討する際には、チームメンバーの知識レベルや類似のツールの使用経験を考慮してください。

 

最高のコンテンツマーケティングとSEOプラットフォームの選択

計画がすべてです。

このリストが、組織にとって適切なリソースを選択するための良い出発点となることを願っています。新しいプラットフォームやツールを採用する場合と同様に、妥協点や優先順位を考慮する必要があります。

新しいプラットフォームを最低でも1年は使用することをお勧めします。予算の制約、チームの可用性、その他の考慮事項について、組織の同意を得ることが、プロセスを成功に導きます。

 

記事は、DemandSphere米国本社のブログを日本語訳にしたものです。

原文 Choosing the Best SEO platform or Solution Provider -The Ultimate Cheatsheet by Erin Acheson 

元記事発行日: 2020年3月13日

記事一覧へ戻る

DEMANDMETRICSのプランPlan

詳細な料金プランについて、以下のデモリクエストから営業チームへお問い合わせください

お問い合わせ